MIHO美術館、瑠璃光院、蓮華寺

このところ、旅ではなくても外出するたびに、翌日から体調を崩す。風邪をひいたような状態になる。
今週はそれにくわえて、包丁で指を切り病院通いだった。手を切った30分前には、犬の散歩で枝に額をぶつけ仰向けに倒れた。ただでさえ出ているおでこが出て、アザも出来てデコラティブになった。ちょっと時期遅れのハロウィンか。
おまけに、風呂に入るたびに気づく。そういえば、何かの家具の角に腿をぶつけたんだった、と。左の腿が青アザだ。
どの傷が治りが速いか。・・・額だった。
包丁傷は、玉の白菜の分厚い一枚を空中で切ろうとして、切り損ねてできたので、なかなかのものだ。
腿のアザは・・・今、それをわざわざ確かめるのは面倒くさい。


10月の終わりに、恒例のメンバーで京都へ行った。
074C92B5-3940-4A05-BF66-99FEC6D53C15_1_201_a_convert_20191108202356.jpeg
京都駅からJR琵琶湖線で四つめの駅、石山。(滋賀県)
ここからバスで50分のMIHO美術館へ。
D8DB4E4B-1633-4AAA-9743-1850FAAEED5C_1_201_a_convert_20191109204217.jpeg
美術館の施設でランチ。(精進料理)銀杏とムカゴのご飯、すまし汁。この二つが今回の旅行でいちばん印象に残っている。天然の、本物の、素朴で心のこもったやさしい味。この二つはお代わり自由だったのだが、夜の料理のことを考えてやめた。今も心残りだ。
係の女性に料理の解説書を配られたが、中国語だった。日本語のに変えてもらった。係がわたしたちを中国人と思ったのか、解説書を間違えたのか、どっちなのか不明。

B29839F8-C19A-4455-8049-2AEB54AA9DA4_1_201_a_convert_20191108203718.jpeg
広大な敷地。この橋も敷地内。

8AAE0605-E338-4CAA-A5EA-924E4252A229_1_201_a_convert_20191108203753.jpeg

218794AB-4E72-4A79-A836-F9569A34B6C2_1_201_a_convert_20191109205954.jpeg
↑前の写真の正面奥の景色。

特別展は備前焼。その繊細さにびっくり。景の美しさに感動。
帰りのバスは、たぶん日本人はわたしたちのグループ5人だけだった。


京都に戻り、地下鉄終点の国際会館前で降りる。
今年はなぜかこの付近に縁がある。このあたりに来るのは三回めだ。(1月、2月、そして今回)
ホテルのバスで八瀬へ。
6B4BBBA4-06FD-47CC-B864-2282DBE887DE_1_201_a_convert_20191108203841.jpeg
ホテルの玄関前。まるで美術館のよう。

EF543DF0-39CF-4E1A-8B4F-4EFD610F908F_1_201_a_convert_20191108203919.jpeg ←中華の夕食。縦に並べられた前菜(ひとりぶん) 5C5B349E-13AC-4100-9A59-7B8046FEB87F_1_201_a_convert_20191109211559.jpeg477A86B0-CD35-4C9F-BAAB-30A4672FCB25_1_201_a_convert_20191109211629.jpegD0C5EA55-15DA-4F4C-86BF-B15875BA74DD_1_201_a_convert_20191109211713.jpegC5712F17-D0A7-4E6F-A597-03527E65BB77_1_201_a_convert_20191109211758.jpeg3990CC24-3374-44FE-9193-BA7ACCE4D7B5_1_201_a_convert_20191109211828.jpegF10DAC37-2A1B-42E5-B0A3-40880FF9E76F_1_201_a_convert_20191109211912.jpeg6F9271F0-E0C1-4878-9A26-B8B2BC4ED48A_1_201_a_convert_20191109211944.jpeg


翌日は瑠璃光院へ。
D889B003-AD68-4DB0-A475-620B782D02AA_1_201_a_convert_20191108204141.jpeg

F1841244-99C8-449B-9B10-064B0BE4C0E7_1_201_a_convert_20191108204042.jpeg
実相院の床もみじも、こんなふうなのだろう。
閑散としているように見えるが、実は大勢の観光客が座り込んで写真を撮っていた。わたしも最前列に行き、写真を撮ってすぐに退散。
観光客は外国人のほうが多いと思う。

ルイ・イカール美術館へ寄ってから、蓮華寺へ。


蓮華寺の土蔵。
8E6451E6-35E8-44DE-8F33-DA2EC9AF8700_1_201_a_convert_20191109223735.jpeg

924C0A14-DC41-40AA-9DFC-B5F8D397A22E_1_201_a_convert_20191108204756.jpeg
蓮華寺は観光ガイドに載っていないのか、閑散としている。ここにずっと座っていたいが、そうもいかない。
734FBDCD-EEB5-41CC-B7BF-CBD5234B30AA_1_201_a_convert_20191108204837.jpeg

(続く)












コメント

非公開コメント

プロフィール

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?