198鞍め:福泉(木曽馬)/ 探勝園、ドイツトウヒの森

7月21日 木曽馬乗馬センター
乗った馬は、福泉。29歳。
IMG_3968_convert_20190725205511.jpg

fullsizeoutput_15a0_convert_20190725205611.jpeg
ゼッケンの上に鞍をつけただけという記憶。木曽馬は蹄鉄をしていない。

fullsizeoutput_15a1_convert_20190725205654.jpeg
装着されているあいだ、福泉ちゃんは1本の枯れ草をくわえていた。これを、木枯らし紋次郎と呼んでいるが、わかる人にはわかるよね。

fullsizeoutput_15a2_convert_20190725205731.jpeg
鞍はアメリカン? 

IMG_3969_convert_20190725205930.jpg
憧れの屋内馬場。日焼けの心配がない。
ふだんの馬場の、大きいほうの場所の2倍ほどの面積がある。こんなに広いところを走ったことがない。

fullsizeoutput_1596_convert_20190725210313.jpeg
同行の9人が、観客席にずらり腰掛けていた。えっ、えっ、恥ずかしい、と思ったが、ふだんでも、ベンチにいる知らない数人から見られていることがあるので、そのことではあまり緊張しない。
なにせ、必ず先生には注視されているわけだし。

では、何に緊張したかといえば、もうやっぱり木曽馬初乗りですよ。
ポニーよりは大きいけれど、踏み台がなくても乗れるくらい背が低いから、サラブレッドとピッチが全く違う。ともかく小刻み。

常歩がすぐに出た。せっかちなわたしは、すぐ速歩に移ってしまった。反動が小さいと聞いていた木曽馬の速歩をはやく試したかったのだ。合図で、簡単に速歩になった。軽速歩と正反動で延々と走る。手前変えも楽らく。8の字もやってみた。ただ、緊張しているから、きれいな図形は描けない。

駈歩を出せるかスタッフの方に聞いた。外方の足を引いて、内方で押す、といわれた。そのとおりにしたが、速歩のスピードがあがるだけ。スタッフの方が追い鞭を使い、「駈歩!」と言うと、(わたしもキャクを使ったが)、弾丸のように飛び出した。が、続かない。

「キャクを使い続けないと、駈歩が続きません」と、いわれた。
が、なにせサラブレッドの駈歩とピッチが全然違う。ピッチがはやすぎて、どのタイミングでキャクを使うのか、わからない! 3回くらいは駈歩になったが、続かない。キャクのタイミングが違うので、使ったときにかえってブレーキになってしまう。

そのうち、左薬指の外側が擦りむけているのに気がついた。一度気づいてしまうと、もう駈歩を出す気力がなくなった。
騎乗時の靴とズボンをどんなのにするか、家で悩んでいて、手袋のことはすっかり忘れていたのだ。手袋なしで乗ったのは初めてだった。普通の靴で乗ったのも初めてだ。

木曽馬は胴体が太く、脚が短い。サラブレッドの胴体より、平たい感じがする。サラブレッドでは、短いわたしの足を、馬の胴体に沿わせるのに苦労する。が、木曽馬では、その困難を感じなかった。
小刻みな速歩だが、正反動で乗るのはあまり難しくないと感じた。戦国時代には、この速歩で、戦場へ向かったんだな、と思った。

駈歩は、たぶんサラブレッドの方が、おもしろいのではないかと思う。木曽馬の駈歩は地面に近いが、サラブレッドの駈歩は空中を飛ぶ感じがする。

それにしても、木曽馬の体力はすごい。規定の15分間、休むことなくガンガン走ってくれた。
ありがとう、福泉ちゃん!

fullsizeoutput_159d_convert_20190725210130.jpeg
↑屋内馬場。

IMG_3972_convert_20190725210024.jpg
流鏑馬に出るため、練習に来ていた中学生。右のまんなかあたりのぼんやりしたものは、偶然横切ったアブか。
IMG_3967_convert_20190725211628.jpg
こちらは子供の木曽馬だそうだ。

40頭ほどの木曽馬がいるそうだが、スタッフは4人とのこと。とんでもなく大変な毎日だ。
この日、引き馬で乗ったのが3人。自由に騎乗したのがわたしひとり。あとの人たちは見たり触ったりしているだけだった。なぜ? なぜ馬がそこにいるのに、乗らないの? 

いつもここで騎乗されるKさんは、また来るからいいです、とのこと。疲れると、運転に差し障るからのようで。せっかくここまで来ながら、すみません、Kさん。ありがとうございました。


探勝園で、岩魚料理。
IMG_3993_convert_20190725210506.jpg

fullsizeoutput_15a3_convert_20190725212354.jpeg
↑岩魚の養殖。
IMG_3994_convert_20190725210603.jpg

fullsizeoutput_159a_convert_20190725210709.jpeg

fullsizeoutput_159b_convert_20190725210753.jpeg

fullsizeoutput_159c_convert_20190725210830.jpeg



fullsizeoutput_1599_convert_20190725210229.jpeg

fullsizeoutput_1597_convert_20190725210357.jpeg
↑ドイツトウヒの森。


IMG_4053_convert_20190725224327.jpg
↑喫茶店の犬。

「高原アイスクリーム」でソフトクリームを食べチーズを買い、「タビタのパン」で天然酵母パンを買い、などして、15時頃帰途に着き、名古屋に着いたのが18時だったかな。

企画してくださったKさん、運転してくださった3人の方、そして同行のみなさま、楽しい時間をありがとうございました。❤️



コメント

非公開コメント

プロフィール

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?