3つのタイプ:クレッチマーとアーユルヴェーダ

最近つくづく思うのです。
わたしは癒し系ではないなあ、と。
癒し系のやさしさや包容力がすてきに見えます。
とくに歳をとってからは。

きのうは、整形外科へいき、2回めの腰のレントゲンを撮りました。
先週とほとんど変りなく、わたしの心配している圧迫骨折もないということで、
まずはひと安心。

診察室にはドラゴンズの2名の選手の色紙があります。
達筆なので、選手名が不明です。
開院したときは、お祝いの花のなかにドラゴンズ川上憲伸の名前がありました。
今でも、その名札だけ、玄関にあったと思います。

それはさておき・・・。

ここ数年で、出会った整形の先生、3人、みな同じようなタイプです。
クレッチマーの3分類でいうと、そううつ気質と粘着気質の混合タイプ。
丸顔がふたり、あとのひとりは4角顔だったかもしれません。

クレッチマーの3分類は、中学か高校の保健体育の教科書に載っていたと記憶しています。
クレッチマーは精神科医で、アーユルヴェーダはインドの伝統医学(哲学)です。

クレッチマーは、今調べたら、6分類もありました。わたしが習ったのは3分類なので、それにそっての話になりますが・・・。

クレッチマーの3分類とアーユルヴェーダの3タイプとは、ほぼ次のように対応していると、以前から思っています。
(クレッチマー) (アーユルヴェーダ)
1:分裂気質   1:ヴァータ 
2:そううつ気質 2:ピッタ 
3:粘着気質   3:カパ 

(特徴)
1:やせ型 速い 鋭い 非社交的 逆3角形顔 指の関節がめだつ 非癒し系
2:肥満型 社交的 協調的 活動的 丸顔 体臭を気にする 癒し系と非癒し系
3:筋肉質 ゆるやか のんびり 忍耐強い 非社交的 4角顔 頑丈 癒し系
(注:この特徴には、わたしの感想もまじっています。3のタイプがやや対応しにくく、クレッチマーではスポーツマン、アーユルヴェーダではがっしりした肥満型という印象です)

ひょっとしたら、クレッチマーは、アーユルヴェーダを知っていたのかもしれません。
(クレッチマーの本は読んでないので詳しくはわかりませんが)

内科の先生は、わたしがお世話になったかた2人は、
分裂気質とそううつ気質の混合タイプです。

わたしは、分裂気質とそううつ気質の混合ですが、割合は、分裂が多め。
彫刻の先生は、(典型的で笑えるのですが)分裂気質。

友人で多いのは、そううつ気質。
粘着質の友人は、あまり会わなくても、つきあう期間が長く、
分裂質は(ほとんどいませんが)つきあう期間がみじかい。

わたしが、自分を見るようだ、と思うのは分裂気質。
まったく正反対の気質だと思うのが粘着気質。

1-P1040958.jpg

ダチョウの気質はわからないけれど、動きは分裂質タイプ。
尖ったくちばしでいつ突かれるかわからない恐怖を人にあたえるので、癒し系とはいえないかも。

先代の犬ビーグル♀は、そううつ気質で、癒し系でした。
では、いまの犬A・コッカー♂は、

1-P1040944.jpg

昔は癒し系ではありませんでした。最近は癒し系ではなく、哀れ系です。




コメント

かやのたも

性格
根本的な性格はあまり変わりませんねえ!
お腹が出てきた分だけ、より肥満型??
社交的??相手によりけりですが、、、

風のミランダ

Re: 性格
かやのたもさん、こんにちは。

かやのたもさんは、アーユルヴェーダの分類のほうが適合すると思います。
基本はカパで、すこしピッタが混じっているかもしれません。
カパは太めが健康な普通の状態なので、無理にやせる必要がありません。v-411
いかにも、太めがハンサムとされるインド伝統医学です。
ただし、過ぎたるはおよばざるがごとしですから!

本文の特徴の(注)をすこし追加しました。ご参考ください。

みなちゃん

 お兄ちゃんとオカンは肥満型かな? 本当に体形も性格もそっくりな二人です(^o^;

風のミランダ

Re: タイトルなし
みなちゃんさん、こんにちは。

おふたりとも、活動的なんですね。v-411

お義母様は、わたしの叔母を思わせます。叔母も、わたしの実家へくると、お料理を作りまくり、掃除しまくります。(叔母はお義母様より9歳くらい上です)
叔母のパワーにはかなわないので、わたしは良い子ぶりっこしません。ありがたく、作ってくれたお料理をいただきます。
非公開コメント

プロフィール

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?