『最高の人生の見つけ方』 ロブ・ライナー監督

『最高の人生の見つけ方』 ロブ・ライナー監督 2007年
原題”The Bucket List"
TV
1-P4075140.jpg

ジャック・ニコルソン:エドワード
モーガン・フリーマン:カーター
ショーン・ヘイズ:トマス(秘書)

死期を宣告されたふたりが同じ病室になった。さて、どうなるか。
・・・という前知識があったのですが、ジャック・ニコルソンがでているから、観ますよ、やはり。以前観た『恋愛小説家』がとても良かったし。

といっても、録画しておいて、ずいぶん時間がたってから、やっと観ました。

エドワードは大病院の経営者。4回結婚して、今は独身。喧嘩別れした娘がいました。

カーターはテレビのクイズ番組の答えを全部知っている、博識な人。歴史学者になりたかったのですが、学生時代に現在の妻に子供ができてしまい、退学して、その後、生活のために自動車修理工になりました。

ふたりとも癌で半年から1年の余命宣告を受けました。カーターは、その前にやっておきたいことのリストを作ります。それを見つけたエドワードが、そのリストを実行するために、世界を旅しようと誘います。エドワードが金をだすからと。

それまでカーターは、妻と子供のためにだけ生きてきたことに気づき、妻の反対を押し切ってエドワードと旅にでるのでした。

まずはスカイダイビングから。
これはすごい。スタントマンじゃなくて、実際にふたり、ダイビングしているみたいです。

刺青、サーキットでマスタングの運転、アフリカ、ピラミッド、エベレスト・・・。

「いったい、どれだけ金持ちなんだ」とカーターが何度もエドワードにいいます。そう、なにせ自家用飛行機で旅行し、豪勢なホテルに泊まったりするのですから。

ピラミッドを見ながら、博識のカーターがこんな話をします。
あの世の入り口にスフィンクスがいて、ふたつの質問をする。ひとつは、「自分を喜ばせることをやったか」もうひとつは、「人を喜ばせることをやったか」ふたつともイエスなら、そこを通って天国へ行ける。

エドワードはいいます。自分を喜ばせることは、十分やった。しかし、娘を悲しませたと。
逆にカーターは、たぶん、人を喜ばせるためにだけ生きてきた、と思ったでしょう。

けれど、ふたりのこの旅が、じつはスフィンクスの問いに完璧にこたえるものとなっていくのでした。

雪のエベレストのちいさな祠に、ふたりの骨をいれたインスタントコーヒーの缶がふたつ。その最後の光景が、印象的でした。

ところで、秘書役のショーン・ヘイズ、目を惹きます。どこかで観た、と思ってあとで調べたら、この映画と同じ頃にテレビの深夜帯で放映された『ふたりは友達? ウィル&グレイス』の、おしゃべりでエキセントリックなホモをやった人でした。ウィルとグレイスよりも、ショーン・ヘイズのほうが、おもしろくて印象に残っています。

映画の原題は"kick the bucket"「死ぬ」のスラングからきているようです。だから”The Bucket List”は、「死ぬ前のリスト」という意味でしょうか。
邦題が『最高の人生の見つけ方』
意味からいって『人生の最高の終わらせ方』だとかんちがいして、調べたら、葬祭のことばかりでてきました。

邦題をつけるのって、むずかしいですね。

さてと、わたしはスフィンクスの問いにイエスといえるかな、と考えました。
ひとつめはイエスといえます。でもふたつめは、自分のエゴのために人を悲しませることもしたので、自信をもってイエスといえないのがつらいです。

でも、この映画の登場人物たちのように、どちらも完璧であることはできません。だから生きているのですよねえ。せめて、ふたつのことにイエスといえるような意識を持って、残りすくなくなってきた時間をすごしたいとは思います。

ジャック・ニコルソンのやんちゃな感じと、モーガン・フリーマンの思索的でユーモアのある雰囲気が好対照で、よくマッチングしていました。むろん、ちょっとしかでてこないショーン・ヘイズも、特徴があっていい味がでていました。

コメント

かやのたも

映画
この映画見ましたよ!TVで!
実現した夢を消していくんでしょ!

普通は、自分が喜ぶこともできないなら、人を喜ばせることなど無理だと思いますが、、、

風のミランダ

Re: 映画
かやのたもさん、こんにちは。

> 普通は、自分が喜ぶこともできないなら、人を喜ばせることなど無理だと思いますが、、、

はい、わたしもそう思います。
みんなが自分は幸せだと思えるなら、それが理想の社会ですね、基本的には。

自分を喜ばせるのと、人を喜ばせる、そのバランスは、人それぞれだと思いますが、それが崩れると人は不幸だと感じるのかもしれません。v-46
非公開コメント

プロフィール

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?