• サンタの災難;シェエラザード
    木曜日、サンタがしきりに足の裏をなめていた。たしかめたら、肉球と肉球のあいだにトゲが刺さっていた。針の先のような、1ミリにも満たない、あまりにちいさなトゲだったので、抜けなくて、翌日医者にかかった。そのときにはもうトゲが見えなかった。トゲのあった周りがすこし腫れていた。 医者がエリザベスカラーをつけると、剥製のように固まった。あまりに静かでおとなしい。長く続くと鬱になるんじゃないかしら。でも、...
  • サンタ「劣化」について語る。
    最近、生きていることを、ある時期から「劣化」て、いうんだって? たいへんだな、人間社会って。おれは「劣化」なんていう人間の、頭のなかの「劣化」を考えたほうがいいと思うけど。 そもそも、「劣化」が悪い、というのが、おかしいのだ。ほら、こないだの台風、なかなか「劣化」しなくて盛んだったから、みんな、ひどい目にあっただろ。 これは、台風のくる前にミランダが摘んだ薔薇だ。手前の紫がかったピンク...
  • 箱根旅行:3 大涌谷、彫刻の森
    桃源台港からロープウェイに乗り大涌谷で降りる。乗り合わせた他の人たちはスペイン語の人たちと、聞きなれない外国語の人たち。ちなみに、外国人観光客は多いが、英語を聞いたのは2回だった。 ロープウェイからは、芦ノ湖が見えるし、富士山も見えてきた。なんという観光地だろう。美しすぎる。(わたしが旅行経験が少ないから、そう思うのかしら)ロープウェイの駅。Uターンするところ。上の方の車輪がおもしろくて。イオ...
  • 箱根旅行:2 仙石原、奇妙な夢
    元箱根で海賊船に乗る前に、成川美術館へはいった。それを書くのを忘れていた。カレイドスコープ(万華鏡)の展示が印象的だった。同世代の画家の日本画が多かった。そういう歳なんだなあ、と思う。お昼は予定していた店が混んでいたので、ともかくもはいれる店へ。そして、海賊船に乗り、桃源台港に着く。そこまでが、前回の行程。そこからバスで仙石原へ向かった。途中、バスを降りてすすきの原へ。 重そうな望遠レンズをつ...
  • 箱根旅行:1 箱根神社、芦ノ湖
    初めて箱根へ行った。元囲碁部のメンバーと、2000年から毎年1回旅行をしてきた。去年は中止になってしまったが、今年再開。けれど、6人のうちひとりは欠席だった。ときどきだれかが欠席になるけれど、これで17回めの旅行になる。たいしたものだ。「まだまだいけるね」と皆がいう。「まだまだいろいろ行動できるね」うーん、このところ熟睡できなくて、疲れのたまっているわたしは、どうもあやしくなってきたけど。名古屋か...
  • 薔薇は咲いたけれど
    薔薇は咲いたけれど、きょうから1週間くらい雨なんだって。雨で花汚れすると残念だから、きのうの夜、咲いた薔薇を切って花瓶にいれた。 左がガブリエル。奥の赤がレジスマルコン、右手前がクロード・モネ、右奥がセラフィム。 庭で、サンタの背負う荷物は軽い。...
  • おーい、夕日よ;薔薇、蕾をつける
    「よっ。サンタだ」 「こっちへおいで」「森の池で遊ぶ夕日だ」ここ数日風邪ぎみで、でかけると目がまわる。うちにいても目はまわるけど。庭の薔薇が元気になってきた。 虫食いがひどくほとんど葉がなかったクロード・モネ。2度農薬を使ったら、どんどんきれいな葉が出てきた。活力剤も最近は週に2度ほど散布。右下のほうに蕾が見える。 クロード・モネの蕾。 ジェネラシオン・ジャルダン。9月20日の時点...
  • 163鞍め:マチカネレツジツ;薬指のタコ
    10月3日 163鞍めマチカネレツジツ K先生受付で、ビーズがいいか、レッツがいいか、と聞かれた。ためらうことなく、レッツ!なんと2年5か月ぶりのレッツ。馬房に咬みつきますレッテル張られたレッツ。洗い場にも口カゴがある。でも、今日のレッツはおりこうだった。レッツの鞍にはサドルホルダーがついていない。どの鞍でも好きなのを選んでください、とK先生。柔らかい鞍がいいな、といったら、先生の鞍を貸してくださっ...

プロフィール

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?