• 162鞍め:もみじ;草は食べごろ虹かかる
    3か月ぶりに乗馬場に行った。着いてまず何をするかといったら、馬房を回って確認すること。みんな元気でいるかな。うん、みんないる。ただひとつ、変わったことがあった。 レッツの馬房にこんな張り紙があった。(張り紙の向こうの黒っぽい影はレッツ)夏の間にだれか咬まれたな。レッツ、と呼ぶと、あいかわらずレッツはこちらへ寄ってきて耳を伏せる。警戒心旺盛でけっこう、けっこう。9月26日 162鞍めもみじ K先...
  • 『オン・ザ・ミルキー・ロード』エミール・クストリッツァ監督
    『オン・ザ・ミルキー・ロード』エミール・クストリッツァ監督、主演 2016年作品 (現在映画館で上映中)エミール・クストリッツァ監督といえば、1995年カンヌ国際映画祭パルムドール賞受賞作品『アンダーグラウンド』との出会いが最初だった。以前、このブログで感想を書いた。↓(クリックすると開きます)アンダーグラウンド以来、エミール・クストリッツァの大ファンになった。が、ファンであっても、情報にうとく、...
  • 父の一周忌、サンタと薔薇と
    数日前に、父の一周忌の法要を実家ですませた。叔父はときどきお坊さんになる。納骨のためのお経をあげて、岐阜の山奥の叔父の家へ行き、墓に納骨した。ここは母の実家で、わたしの弟の骨もはいっている。父の亡くなった日も大雨だった。1年後の法要の日も大雨で、傘をさして納骨した。2本のろうそくのうち1本がすぐに消えた。もう1本はお経と納骨をすませたとたんに消えた。不思議なことには、もう慣れっこになった。 (...
  • 「大エルミタージュ美術館展」、サンタのしあわせ
    大エルミタージュ美術館展を観た。 『戴冠式のローブを着た女帝エカテリーナ二世の肖像』この1枚だけ撮影OKだった。スカートの裾からすこしだけ見えている靴がかわいい。「大エルミタージュ美術館展」は、9月18日まで、愛知県美術館で。 サンタ「ふん、いつも変わりばえしない水だな」サンタ「あ、引いちゃうのか、水。この暑いのに、たまらん」 サンタ「ごめんなさい。この長いまつ毛に免じて、お水ください」...
  • 検査と歌会と
    夏の終わり:藤井聡太くんとそのお友だち。・・・って、嘘だよ。 9月にはいった最初の日、身近な3人の身に起こったこと。 まず、夫とわたしの共通の友だちNさんの膵臓の手術がこの日だった。無事大手術を終えて10月にはお会いできるはず。 次に、夫の検査結果がかんばしくなく、再検査になったこと。また放射線治療をすることになるかも。 そして3人めは、わたくし。健康診断の結果を聞きにいったら、要再検査になってしま...

プロフィール

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?