• セラフィム開花;得意のサンタ
    蕾がすこしずつ膨らんで、 今朝、セラフィムが開花した。強い陽射しの中のセラフィム。 午後4時過ぎのセラフィム。 午後4時過ぎのセラフィム、その2。朝は神聖、夜は妖艶。わたしみたい。え、違うって? 心配していたうどん粉病はほぼおさまった。写真は折れた枝を紙絆創膏で繋いだもの。その先の葉は生きている。使った活力剤は、「バラの活力液」(主成分はミネラル) これは予防に使うのに適しているよ...
  • クロード・モネ;セラフィム;サンタ謝る
    クロード・モネが咲いた。カタログの写真どおりの完璧な姿。けれど、蕾のときに虫に穴をあけられたのがあった。蕾の外の花びらをめくってみたら、小さな青虫がいたので潰しておいたが、穴はひとつじゃなかった。でも、咲くよね、虫に食べられても咲くよね、とそのままにしておいた。 案の定、穴だらけでも、みごとに咲いたのだ。あ、・・・いま思ったのだけれど、「案の定」て、古いことばだね。「思ったとおり」でいいのにね...
  • レジス・マルコン;シェエラザード物語る?
    レジス・マルコンおとといようやく開花した。フランスの三つ星レストランのシェフ、レジス・マルコン氏に捧げられたのが、この薔薇の名前の由来だとか。思っていたより、赤がやわらかなピンクがかった色だった。こうなると、もっと心がカッと燃え立つような濃い赤が欲しくなる。それとも、レジス・マルコンさん、つぎは違う赤を見せてくれるのかな。 (左から、ガブリエル、シェエラザード、ジェネラシオン・ジャルダン)薔薇...
  • 新しい仲間たち:セラフィムとクロード・モネ
     (シェエラザード)13年前に名古屋市から近郊のこの地へ移住した。その頃に買った薔薇の本がある。そこには無農薬栽培についてくわしく書かれていた。ところが、家の前が道路であまりに人目が気になり、いそいで木を植えたため、薔薇を植える余裕がなくなった。どこで良い苗を買ったらいいかわからなかったし、ほかに植えたいものもいろいろあったからだ。が、薔薇を植えることをためらったのは、手がかかる、というのが一...
  • サンタ雲
    ケーキセットがひとりぶん無料になるポイントの有効期限が切れそうだったので、レストランへお茶を飲みに行った。 このケーキはコーヒーがついていなかったので、コーヒーふたつとケーキをもうひとりぶん取って、結局はうまくポイントカード商法に引っかかっている。 でも、外にはこんな景色が見えていて、非日常気分をあじわえる。ただ、冷房が効きすぎていて、落ち着かない。ちなみに、夫もわたしも、ゴルフは一度もし...
  • この夏の恋の成就
    ガブリエルに恋をした、と書いたのが8月のはじめだった。幸い開花苗を9月のはじめに予約でき、それは来週届くはずだった。ところが、お店から、「連日高温がつづき、ジェネラシオン・ジャルダンが開花しそうなので8日までに届けたい」と連絡があった。で、きょう6日着の指定で届けてもらった。 4苗で送料が無料になるので、4苗注文。開梱した。わあ、咲いてる、咲いてる。 左から、ガブリエル、ジェネラシオン・ジ...

プロフィール

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?