• 143鞍め:もみじ;葉っぱ噛みかみ
    6月21日 143鞍めもみじ KG先生きょうの題名は、葉っぱ噛みかみ。葉っぱふみふみ・・・というCMが昔あった。大橋巨泉の万年筆の宣伝だった。なんだかよくわからないが、洒落たCMだった。(You Tubeで見られる。当時はおじさんだと思っていた巨泉が若い。今のわたしより若い。おそろしいことだ。もうひとつおそろしいのは、熟年の巨泉が葉っぱふみふみ、といっているようすを思いうかべてしまう、記憶の置換)きょうの題名は...
  • 父のその後6
    入院中の父の担当医から電話があり、今後のことについて話したいとのこと。胃ろうを作らないと施設に受けいれてもらえない、という話を以前聞いたことがある。それを拒否した場合は病院を転々とさせられるのかと危惧した。が、悪いことを予測して怖れを増幅してもつまらない。そのことは考えないようにして、翌日、担当医に会った。 担当医「胃ろうを考える時期なんですけれど、そういう処置は望まれないということで・・・」つま...
  • 豊田フィルハーモニー管弦楽団 第27回定期演奏会
    6月19日、恒例の定期演奏会に行った。FBの友だちが第一バイオリンを演奏しているので。今回も電車に乗ってでかけた。 豊田へ向かう車窓から。(じつはこの記事はきのう届いたばかりのMacBookで書いている。慣れなくて、書きづらい。ブログのプレビューも今までと表示形態が違う。けれど、iPhoneで撮った画像がそのまま使えるので便利である。もっとも、画像を同期させるためにiCloudから持ってくるのにむちゃくちゃ時間が...
  • 142鞍め:ゆず;チャームポイント
    6月14日 142鞍めゆず B先生ひさしぶり(年単位)に火曜に乗った。以前は火曜の午後は、混んでいた。顔見知りもできた。が、この日は顔見知りがだれもいない。そればかりか午後1時からの騎乗はわたしひとりだった。暑いから? 騎乗料の値上げ以後はこんなふう? それとも意地悪な歳月がひとを枯れ草で縛りつけた?いずれの理由もあてはまりそう。けれど、この日がたまたま少なかったのかもしれない。この日、午後2時か...
  • 梅雨; 父のその後5; Windows10
    梅雨にはいった。サンタはおとなになってからは、雨を嫌がるようになった。こどもの頃は、雨の何たるかを知らなかった、ともいえる。濡れてべたべたして不快だったり、寒かったりの経験をかさねて、雨を嫌がることをおぼえた。レインコートを着せても、微動だにしない。散歩ですよ、とのぞきこんでも、横目でちらりとわたしを見るだけ。しょうがないなあ、とリードをちょいと引くと、ポーンとソファから飛び降りた。が、フードが目...
  • 141鞍め:ゆず; もっと走るの、ぼく
    5月20日 141鞍めゆず KG先生2週間前の騎乗のことを書くのって、むずかしい。メモも何もない。(注:この記事の下書きをしたのが1週間前なのです)けれど、これだけは鮮明におぼえている。ゆずくん、最後に馬場からでていくのを嫌がった。出口の前で立ち止まり動かなくなってしまったのだ。こんなことははじめてだ。たいてい、「あ、終わりですか、終わりでしょ。うふふ、人参にんじん」とばかりに、こっちが指示してもい...
  • 『神様メール』 ジャコ・ヴァン・ドルマル監督
    『神様メール』 ジャコ・ヴァン・ドルマル監督2015年 (フランス、ベルギー、ルクセンブルク) 原題"Le Tout Nouveau Testament"(The Brand New Testament)(新・新約聖書)『神様メール』の邦題が良いかどうかについて議論があるようだ。原題そのままなら『新・新約聖書』だそうで。新聞の映画広告で『神様メール』の題を目にした。おそらく、『新・新約聖書』でも注意をひかれただろう。そして目にはいったのが「監督:ジャ...
  • アイビーくん
    ブログがこわい病にかかり、休んでおりました。この間に当ブログをご訪問くださったみなさま、お気にかけてくださって、ありがとうございます。うれしかったです。せっかく病を得たのだから、部屋でも片付けるか、とはりきったのも最初のうちだけ。怠けるとなったら、どれだけでも怠けられるもので、部屋は片付かない、ブログは書かない、働かない。朝の散歩で見つけた働き蟻。↑夕方の散歩で見つけた働き蟻。↑蟻は偉い!蟻に恥ずか...

プロフィール

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?