• 雨の散歩
    サンタは雨でも散歩に行く。いや、雨だと散歩に行くのが嫌なのだけれど、おしっこをする場所は外と決めているので散歩にでる。なに? 先代、先々代は、雨のつよい日は庭ですませていただって。ふ、臆病ものめ。わたしには雨具がある。先代、先々代より待遇が上なのだ。であるによって、雨でも散歩にでねばならぬのだ。嫌や、いやや、と泣いたりはしないのだ。くっ。ただ行く末を思ってかなしみにふけるのみ。どうだ。わたしのカッ...
  • 父とコーヒー;サンタ雪の散歩
    土曜日に、父のいる施設へ行った。1週間ぶりだ。そのあいだに父は施設になじんだようすで、前回よりも顔があかるい。わたしと夫が居室にいると、車椅子で足をつかって、コモンスペースからはいってきた。お土産の中洞牧場の牛乳を見せて、これは山で放牧されている牛の乳で、冬でも山の牧場で、牛たちは粉雪で真っ白になった身体をよせあってすごしているの、と説明しはじめると、父の目が山の広大な景色にフォーカスしたようだっ...
  • 129鞍め:マイネルモンスター;鞭をつかうペシ
    1月22日 129鞍めマイネルモンスター O先生モン「ねえねえ、こないだのモン式金色夜叉、見てくれた?」モン「あれからタオルを見ると、嘘泣き演技の高揚さめやらず、一途にタオルの袖を引いてしまうの」モン「びぃー」モン「ふむ。見苦しいところをお見せした」モン「本然のわたしは、かくのごとくある。この高邁さ優美さをしかと目に焼きつけよ」モン「人参ごときでなつかぬぞ」ひさしぶりにO先生。先生「最初の10分間で...
  • 128鞍め:マイネルモンスター;鞭なしは快適だモン
    1月15日 128鞍めマイネルモンスター K先生来年の、今月今夜のこの月を、ぼくの涙で曇らせてみせる。来年の、1月17日のこの月を。そのまた来年、また来年も。うー、ブフィー。おのれ、この姦婦め!あ、痛っ、貫一さん。・・・ぐっとお宮は手拭いを噛みしめて、(ベンベン 三味線)ああ、貫一さん、お宮はこれこのとおり、ズズズイッと、手拭い噛みかみ耐え忍んでおりましたのに。ズズズイッ。さあてと、遊んでいないで...
  • 父のその後
    年末の検査で肺に水がたまって利尿剤をふやしたとき、父はあまり良い状態ではなかった。が、年があけての検査では、肺の水は引いていて、父はわたしの顔を見るなり、「きょう退院する、家にもどる」と宣言した。ひとりでは歩けない病人の宣言だ。ベッドであおむけになって、頑固にそう繰り返すばかりでも、意外に事は進展する。つまり、わたしたちがあたふたと動かされる。たまたまそのとき、見学に行った施設のひとつの部屋が空い...
  • 127鞍め:マイネルモンスター;鞭
    1月7日 127鞍めマイネルモンスター B先生父の緊急入院があったので、1か月半ぶりの騎乗となった。実家と家とを泊まりがけで行ったり来たりの日々はけっこうきつい。この日も前日に実家から帰っての騎乗。直前にどっと疲れがでたので、タウリンの錠剤を食べた。このチュアブルタイプのタウリン、便利で気にいってるんだけど、人気がなくてすでに製造中止だ。在庫がなくなったら、ドリンク剤でも飲むかな。ドリンク剤は、オ...
  • 中洞牧場の牛乳
    新年おめでとうございます。本年もよろしくお願い申しあげます。去年、12月にはいったときに、粉雪で全身真っ白になった牛が牧場にいる光景をふいと思いだした。何年か前に見た岩手の中洞(なかほら)牧場で放牧されている牛の写真だ。放牧されている牛は、季節によって食べる草が違うので、乳の味も違う。冬に搾乳されるのは濃厚な味ではなかったか。急にその牛乳が飲みたくなった。どこででも手にはいる牛乳ではない。が、さい...

プロフィール

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?