• クリスマス・イブにはじめて鶏を食べなかった
    クリスマス・イブに鶏を食べるのはしみったれ。七面鳥でしょ。と、どこかの国のひとにいわれそうだけど、今年のイブは鶏も食べなかった。かわりに、合鴨の薄っぺらいのを食べた。父の入院以来、ずっと泊りにきてくれている魔女叔母がつくったのが、手前右にあるイワシのロール。今年の食卓は、叔母とわたしの合作となった。ケーキは、わたしの手抜き手作りケーキ。プロじゃないから、雑な飾りでもいいもん、と居直っている。飾りに...
  • 大阪:国立国際美術館、 父「退院できん」
    医者はつねに最悪の事態を想定して患者に対処する。ゆえに最悪の予測をそのまま家族に告げる医者と、最悪のことはほのめかしながらも最良の予測を告げる医者とがいる。父の担当医は最良のことしかいわない、と最近気がついた。25日には退院できる、と先週いわれたが、やはり退院できなくなった。理由としては、1.インスリンをじぶんで打てるかどうか、わからない。(頭ははたらくが、手が思いどおりに動くかどうか?)2.歩行...
  • 神戸:生田神社, 父の検査結果とコーラ
    9日に大量下血で入院した父の、大腸の内視鏡検査が17日にあった。あとでモニター画面で見せてもらったが、潰瘍もがんもなくきれいだった。憩室をはじめて見たけれど、思ったよりもずいぶんちいさな穴で、そこから大量に出血したと想像するのはむずかしい。担当医からは、いつでも退院できますよ、といわれた。腎機能はいちばんわるい時期で11.1%(CR値4.2)しかはたらかない「末期腎不全」状態、15日の時点では15....
  • 神戸:朝食, 父の入院:城攻め
    父が入院したのは、わたしたちが神戸、大阪の1泊旅行から帰って5日後だった。きょうで1週間になる。9日の朝、大量の下血で救急車ではこばれ入院した父は、3日間輸血を受けた。入院した最初の夜にせん妄状態になり、手にはミトン、腰はベルトで拘束され、パジャマは上下つなぎのものに着替えさせられた。翌日の夜から2日間、魔女叔母が病室に泊まってくれた。せん妄状態は最初の夜だけだったが、きのう点滴を終えるまで、付き...
  • 神戸:イタリアンレストラン
    たまたま母の目の手術で実家に帰省していたところ、きょう父がとつぜん大量下血で入院してしまった。あまりよい状態ではないようなので、今後ブログの更新がとどこおるかもしれません。実家では、パソコンのつながる環境にないので。それにしても、緊急のときに、なぜかわたしが実家にいて、おまけに魔女叔母までいた。こういうのを、天のはからい、というのだろうか。もっとも、わたしはきのうの夜、寝るまえに、弟の写真を見あげ...
  • 神戸:大英博物館展(神戸市立博物館) 1
    きょう、ヨガ教室からの帰り道で、ナンパされた。今まであまりナンパされたことはなかったような気がする。びっくりした。もっとも、人間の男ではなく、犬の男だったの。うしろから、ひょいと前脚で跳びつかれた。うちの犬、サンタかと思って振り返ると、まるまると太った柴犬がわたしを見あげてニカニカしている。赤いバンダナをしていて、艶のある毛並みがうつくしかった。リードも首輪もない、ひとり散歩の犬だった。家のひとが...
  • 神戸:三ノ宮;プロローグ
    先週、魔女叔母が沖縄へ旅行した。叔母は中部国際空港へ向かう電車の乗り換えのときに、車内にコートを忘れた。沖縄に着いた叔母が母に電話してきたのだ。それを母に聞いて、笑った。「あはは、沖縄でコートなし? あはは。よかったね、沖縄はあったかくて」「そうなんやて。あははは」と、母も笑った。ちなみに母は、わたしが結婚して以降、岐阜にいる母のきょうだいたちとのつきあいが深くなり、いつのまにか岐阜弁が混じるよう...

プロフィール

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?