• 後楽園:丹頂鶴; 岡山城
    倉敷に泊まった翌日は、後楽園へ行くことになりました。後楽園は日本3名園のひとつなのですね。金沢の兼六園、水戸の偕楽園、そして岡山の後楽園。知らなかった。後楽園が庭園だなんて、知らなかった。後楽園て、球場だと思ってました。うひゃ。岡山駅からバスで20分ほどで着きます。なんの催しでしょうね。木臼で餅つきもしていました。左はご当地キャラでしょうか。兜を被っているような・・・。設営舞台の裏で出番を待つかた...
  • 倉敷でディナー
    「ケチ、しみったれ」は、ほめことばだという夫とは、フルコースのディナーを外で食べることはほぼ皆無。で、あるからして、学生時代の友人たちと年に1度のぜいたくは楽しみです。ま、年に何度も楽しみのある友人もいるけれど。年に5回くらいは海外へ、ほかにも毎月2度くらいは国内旅行、という話を聞いても、うらやましさはちょっぴり、やあ大変だなあ、と思うほうが強いです。旅行はほんと、体力がいりますから。さて、ここ数...
  • 倉敷:美観地区、その2
    テレビの時代劇ドラマに頻出する倉敷美観地区。いや、倉敷に似せて作ったセットだ、とも聞きますが、わたしにはセットかどうか区別がつきません。前々回につづいて、典型的な倉敷の風景をもういちど。そして、左端の黄色みをおびた塀は、↑全体がこんなふうで、ちょっとエキゾチックです。倉敷川には、白鳥がいます。ちょっと遠いなあ。もっとこっちへ来て!あ、来た来た。ねえねえ、白鳥さん、ポーズとって。ハク「? !」ハク「...
  • 倉敷:大原美術館
    わっ、10時! 9時間半も寝てしまった。起こされたので、10時に起きたけれど、そうでなかったら、もっと寝ていたかった。・・・旅行の翌日の朝、このていたらく。月曜だから、旅行疲れをものともせず、朝早く起きて仕事に行った友人がふたりいるのに、わたし、ほんとうにだめですねえ。遅起きだったから、実家へお土産を持っていくのも明日にします。・・・というわけで、きょうは大原美術館。10数年前に、いちど観たことが...
  • 倉敷:美観地区
    10月25日に1泊で倉敷(岡山県)へ行きました。(倉敷美観地区の入り口)(「倉敷ガラス」と書いてあります)(倉敷といえば、この景色)恒例の学生時代の部活友だちとの旅行です。2001年からはじまった旅行も、今年で14回め。いつまで続くかわかりませんが、来年からも、3つくらい行きたい場所の候補があがっています。ときどきだれかが介護などの用で抜けますが、翌年には復帰。元気でいられるかぎり、こういう楽しみ...
  • 神にデザインされた馬
    数日前、ギリシャ北部マケドニアのアンフィポリス古代遺跡からモザイク画が発見された、というニュースをネットで見ました。紀元前4世紀、アレクサンダー大王の墓ではないか、ともいわれているそうです。そこには、白馬に引かれた戦車に乗る男性が描かれていました。目を惹いたのは、白馬の口にハミがつけられていたことです。こんなに昔から、ハミをつけて馬を利用していたのかと思いました。ところが、調べてみたら、それどころ...
  • 洋服作り
    このあいだの台風が、予報ではあまりに巨大だったので、サンタの美容室の予約を取り消しました。だから、こんなふうに今はモフモフ状態。雨だから、中へはいりなさい、といっても、知らん顔です。毛が長いので、雨を感じないのでしょうか。中へはいり! といわれて、不満そうな顔。ぺろっ。そうです。何か齧るものがないか、外で探すのが趣味だから、雨が本降りになるまではいってきませんよ。今年は6月にロックミシンを買ったの...
  • 92鞍め:もみじ:虹
    10月16日 92鞍めもみじ午後2時。馬場に散水中に、あらわれた虹。散水中の虹はよく見ますが、こんなふうに完全にブリッジ状の虹はめずらしいかもしれません。きょうももみじ。先生も先週とおなじN先生。注意されることもおなじ。頭と身体がばらばらで、うまくいかないのもおなじ。おなじ、おなじで、縁起がいいなあ・・・ああ、あ。軽速足は、足の位置を変えないで、脚をつかうこと。踵をさげて。踵をさげたままで脚!手前...
  • 草間彌生展:永遠の永遠の永遠
    草間彌生展:永遠の永遠の永遠 ”Eternity of Eternal Eternity” (チケット)彫刻の先生に券をいただいたので、観にいきました。草間彌生の作品は、気持ち悪い、怖い、という印象だったので、招待券がなければ、接することがなかったでしょう。作品は2004年以降のもので、解説によれば、「水玉と網目模様という、それまでの草間作品のイメージから大きく変化し、幻想の世界から立ち現れるさまざまな顔や生き物たちを、即興的...
  • 奇妙な夕焼け
    10月10日、晴れの特異日。巨大台風が近づいているのに、晴れでした。夕方5時半頃、名古屋の栄を歩いていたら、西の空が異様な夕焼けでした。安い携帯しか持っていなくて、うまく撮れていないのが残念です。西の空の地平線(?)まで、きれいに並行の縞模様でした。色も、もっと鮮やかで、ピンク、紫、白、青のコントラストがきわだっていました。何かの予兆かと思って不気味でした。夜、家に帰ってインターネットのニュースを...

プロフィール

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?