• 伊良湖の夕日
    渥美半島の突端、伊良湖。なぜ「湖」の字があるのかわかりません。ここにあるのは海です。夕焼けの海です。太陽の下には雲。太陽が雲のなかをおりていきます。太陽は、海ではなく山に沈みます。山は紀伊半島。伊勢神宮の方向です。浜辺では松が育っていて、まだこんなに明るく写るのに。夕日モードで写す空と地上のコントラストがエキゾチック。次回は夕食です。...
  • 豊橋市地下資源館,サンタのお泊りお留守番
    1年に1度くらいは旅行しないと、夫の機嫌がよくありません。去年まで老犬がいたため、旅行にでられなくて、今年はサンタを迎えたために、また気軽にでられなくて・・・、と思っていたら、近所にトリミングとお泊りのできるお店ができました。お店のワンコが4匹くらいいて、庭で一緒に遊んだりもできるとのこと。犬と人が大好きなサンタにぴったりです。11月24日、サンタをそこに預けに行きました。ほかでトリミングするとき...
  • マチカネレツジツ:隣の落馬でパニック
    11月19日 65鞍めマチカネレツジツ(レッツ)1か月ぶりの騎乗です。午後2鞍めになり、待っているあいだ、三重県、伊賀のほうから来られた若い女性とお話ししました。30鞍くらいとのこと。30鞍というと、楽しくてたまらない時期。きのうも騎乗されたとのこと。タフ! 若いっていいな。さて、レッツ、森林公園の施設でいちばん反動のすくない馬ですが、なんとわたし、正反動でお尻が跳ねないまでも、安定が悪く、浮きそ...
  • 名演:俳優さんを囲む会
    文学座の『殿様と私』、14日の終演後、俳優さんを囲む会がありました。居酒屋で、俳優さんを囲み、飲んだり食べたりしながら、お話しします。車夫役の沢田冬樹さんがおなじテーブルだといいな、と思っていたら、ほんとうにおなじテーブル、わたしの真正面に座られました。左から、星智也さん(英国海軍大尉)、佐川和正さん(白河子爵の息子)、沢田冬樹さん(車夫)、松山愛佳さん(白河子爵の娘)、たかお鷹さん(白河子爵、つま...
  • 『殿様と私』 文学座
    名演例会 11月14日 夜『殿様と私』文学座作:マキノノゾミ演出:西川信廣ミュージカル『王様と私』をアメリカで観た作者が、その作品の人種差別的偏見に疑問をもち、多角的視点で描こうと試みたのが本作である。物語の舞台は明治19年、東京麻布鳥居坂。世はまさに鹿鳴館外交の時代。ところが、妻に先だたれた殿様(白河子爵)と、その家令源右衛門は、西洋化になじめず酒びたりの毎日だった。ふたりは、ことあるごとに甲冑...
  • セラミックパークMINO
    岐阜県多治見市にあるセラミックパークMINOで多治見市美術展があったので、出品しました。ピンク大理石のような仕上がりにしたかったのですが、付け焼き刃ではそんな色がだせるわけがありませんで。でも、割りだしのとき、耳も頭もとれてこんなふうになったことを思うと、↓自分でも、よく修復したなあと思うのです。頭は落ちたのを何とか嵌めたのですが、両耳は作りなおしたわけでした。わたしの作品の両側は招待作品。画面右側の...
  • 金沢その4:ひがし茶屋街
    10日は風が強く雷雨という予報でしたが、心配していたほどのことはなく、荷物を駅に預けるために、ホテルでお茶を飲みながらタクシー待ちです。ロビーのステンドグラス。ここでお茶を飲みました。うしろ向きに写っているのは、おみやげ品の特別販売スタッフ。チョコのお菓子がついていて、コーヒーにも紅茶にも金箔が。これは紅茶。雨の浅野川。ひがし茶屋街の入り口付近かな。記憶がありません。お茶屋では、日本でただひとつ重...
  • 金沢その3:白鳥路ホテルで夕食,フィギュアスケート
    14日午後5時半に白鳥路ホテルで和食を予約。でも、ちょうどその時間テレビでは、フィギュアスケートの高橋大輔が演技中。織田信成を観たあとで、みんな、どうしても高橋大輔も観たかったので、部屋でテレビを観ていました。5時40分。レストランから催促の電話がかかってきました。生真面目なわたしたちが、高橋大輔のために、時間にルーズになってしまったのです。ところで、わたしたち、体育の授業で、フィギュアスケートが...
  • 金沢その2:金沢城公園
    兼六園と道一本隔てて北西にひろがるのが、金沢城公園です。石川門。ボランティアガイドさんの説明によれば、右側の石垣が修復されたもので、石と石との隙間がない。もとからある左側の石段は、隙間が多い。しかし、地震に強いのは、隙間がある石垣で、揺れを隙間が吸収するからとのこと。わあ、映画のセットみたい、と、本末転倒のことを考えました。『ロード・オブ・ザ・リング』にでてきそうな・・・。建物と敷地の広大さにびっ...
  • 金沢:兼六園
    学生時代の囲碁部の仲間と、恒例の秋の1泊旅行。今年も、去年とおなじ金沢でした。白鳥路ホテルに荷物をおき、白鳥路から兼六園にはいります。前田利家公の像。兜が金です。雪吊りは11月1日から。雪吊りは雪から樹木を守るためのものです。20数年前、はじめて金沢へ行ったときは、雪が積もっていました。雪のない雪吊りは、松に降りそそぐ光線のようにも見えます。おもしろい形の雲。全体の風景はこんなふう。ちょっと典型的...

プロフィール

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?