• ゆずの馬着(ばちゃく)
    10月30日 34鞍めゆず先週の火曜が雨だったので、2週間ぶり。今月は2回しか乗れませんでした。これじゃうまくならないわ。 「わあ、ゆず、新品の馬着」と、いわれていました。でも、この馬着、今年の1月に買ってもらったのよね。ゆずの馬着が新品になったとき、わたしの長靴も新品になったのでした。胸の留め金のところに「AMIGO」て書いてあるね。愛想のいいゆずにぴったり。今度、レッツに貸してあげて。さて、きょうは...
  • 『サクリファイス』タルコフスキー監督
    『サクリファイス』タルコフスキー監督 1986年 スウェーデン映画主人公アレクサンダル:エルランド・ヨセフソン前回記事にしたタルコフスキー記念映画祭『ノスタルジア』を観た翌日、『サクリファイス』を観にいった。公開当時、わたしの周囲で人気の高かった『ノスタルジア』より、『サクリファイス』のほうがわたしは好きだったので、『ノスタルジア』だけ観ておわり、ということにはできなかった。舞台はスウェーデンの島...
  • 『ノスタルジア』タルコフスキー監督
    タルコフスキー監督生誕80周年記念映画祭 名古屋シネマテークで『ノスタルジア』1983年 イタリア、ソ連合作撮影:ジュゼッペ・ランチ(名古屋シネマテーク通信 No.363より)公開当時、『ノスタルジア』がすばらしかった、という周囲の感想を聞くたび、ひねくれもののわたしは、「うーん」とうなったものだ。たしかに、みながいうように、映像が驚異的にすばらしい、狂人のセリフにもいたく共感する。しかし、わたしには火...
  • わたしの正体
    うちの近くの道の駅「瀬戸しなの」で、ときどき野菜を買います。きょう(10月17日)の昼は道の駅で食べてみようと、夫とでかけました。(道の駅:雲が夏です。夏に撮ったので)(向かいの建物は陶磁器センター)その前に、野菜を買ったら、ちょうどカードのスタンプがいっぱいになり、無料食事券を1枚もらいました。すでに1枚あるので、ふたりぶんの食事代がただ。ここはほとんどすべての料理が地元特産の豚いりです。4つ足...
  • 『ボクの四谷怪談』 ロックミュージカル〈騒音歌舞伎〉
    『ボクの四谷怪談』 森ノ宮ピロティホール作:橋本治演出:蜷川幸雄音楽:鈴木慶一(公演パンフレット 表紙)橋本治のよく粘る餅のようなタフな脳が好きだ。彼が若いころに書いたホンを蜷川幸雄が発掘した、という。出演が、小出恵介、勝地涼。もういてもたってもいられなくなった。マチネが売り切れて日曜の夜公演しかなく、泊りがけで観に行った。昼間、大阪城を見学、こちらの名古屋城となかみはそう変わらないけれど、違って...
  • 大阪城やで! 名古屋城やないんやで。
    10月21日大阪へ行きました。なんども大阪へ行きましたが、大阪城ははじめてです。この写真だけだと、名古屋城と区別がつかない。おどろきませんで。名古屋城にも金のシャチホコ、ありまっせ。箔ではのうて、塊でっせ。エレベーターであがって、階段をおりながら各階を見るのはおなじ。でも、天守閣の広さは名古屋城のほうが広いんやて。うーん、名古屋城の公園ではこういう光景は見られません。太閤さんを祀ってある神社がある...
  • 父の眼の手術とお留守番
    わたしの父は、50代で糖尿病になり、ずいぶん前に、糖尿病性網膜症で手術を経験しています。今回は、硝子体混濁をとるための手術をしました。(ちなみに、白内障の手術は4年前です)混濁除去の右眼の手術が9月24日、そして3泊の入院。左眼が10月15日、やはり3泊の入院。「えっ、おとうさん、どこかへ行っちゃうの?」父の荷物の前で不安そうなマリ。「わたしをおいてくって、おとうさんの、薄情もん!」目をうるませて...
  • ひと月ぶりね、レッツくん
    10月16日 33鞍めマチカネレツジツ(レッツ)前回のもみじくんから17日ぶり。その前がレッツ(9月17日)でした。最近混んでいて、きょうは午後はじめて2鞍めの騎乗です。レッツは馬房で待機中。では、あいさつに。ひと月ぶりね、レッツくん!あ痛!手を噛まれてしまいました。ちょっと歯があたっただけでしたが。例によってイタイあいさつです。あ、もみじのたてがみが・・・。くるん、くるん。結んである! かわいい...
  • 筋子からイクラを作る
    やっと秋らしくなりました。この時期、これが店頭にならぶと、やはり1度はこれをつくりたくなります。焼き網で筋子をこする、という方法もあるようですが、最初におぼえたのが、ぬるま湯につけて筋をとる方法でした。頭がかたいので、一度おぼえた方法でしかやったことがありません。筋をとったら、塩をふります。すると、色が悪かったのが、あーら、不思議。きれいなオレンジ色に。ところが、今回、なぜかいつもより発色が悪いの...
  • 「ふれあいの写仏展」 第26回
    いきなり、ですが、わたしの作品です。↓額装したF12を運ぶための袋です。以前、できあいの袋を買おうとしたら、ちょうどあうサイズのが品切れだったので、以来、袋は手作りです。むろん、袋のなかの箱にはいった、F12の仏画は、わたしが描きました。ということで、「ふれあいの写仏展」のお知らせです。日時 10月10日(水)~10月14日(日)    9時半~17時 (最終日は16時まで)会場 名古屋市博物館 ...

プロフィール

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?