• はじめての軽速足
    7月13日 6鞍めマチカネレツジツ君(レッツ)6歳名古屋最高気温 33、9度くどいようですが、暑いです。だいたい、今まで、この温度で、昼間に外でスポーツするなんて、とんでもない、と思っていました。こんなに暑い真昼間は、高原で、涼しい綿のスカートを着て、木陰のハンモックで本を読みながら、お昼寝ですよ。 小鳥のさえずりを聞きながら・・・。すると、婆やがむこうの木陰からあらわれて、籐のバスケットから、紫色...
  • 暑くて、ばてて・・・
    7月6日 5鞍めマチカネレツジツ君(レッツ)6歳現在時にくるまでは、去年のメモを見ながらこれを書いています。で、この日は、33、1度これしか書いてない。あとは空白。こっちも空白にしといて・・・。というわけにはいかない。空白といえば、筒井康隆の小説『虚航船団』(登場人物が文房具だったり、鼬だったり)に、2枚にわたる空白のページがあります。 (『虚航船団』p406~p409)これは、窮地におちいった消...
  • 暴れ馬 対 元じゃじゃ馬娘
    6月29日 4鞍めマチカネレツジツ君(レッツ)6歳ところで、ロンドンオリンピック馬場馬術に、法華津寛氏が71歳で出場することが決まったのですね。馬はウイスパー(牝馬)15歳。人間でいうと50歳くらいだそうです。その計算でいくと、レッツ、20歳、イケメン最盛期?この日もわたしは、レッツに乗って常足、速足。初心者なので、調馬策という長い綱(6~8メートル)を水勒頭絡につないで、インストラクターがその端を...
  • 痛いですう・・・
    6月22日 3鞍めマチカネレツジツ君(レッツ)6歳この日も常足と、ただひたすらに、速足の正反動です。ちょうど、NHK教育で、6月から「チャレンジ! ホビー・・・馬で大地を駆け抜けたい!」が1か月間放映されました。(NHKテキスト表紙)こういうシンクロが起きるときは、さいさきがいい。けど、ただひたすらの正反動はきついです。正反動は鞍にお尻をつけたままの速足のこと。一方、同じ速足でも、軽速足は、鞍からお尻を浮...
  • あなたが踏んだ小指が痛い
    6月15日 2鞍めマチカネレツジツ君(レッツ)6歳1鞍めの最後に、レッツ君に小指を踏まれてから1週間。なんとか騎乗できるまでには回復しました。騎乗するのに、足の小指はあまり関係ないですから。(最初は小指だけが赤く腫れ、しだいに甲のほうへ内出血がひろがった)踏まれたあと、家へ帰ってすぐに氷水で冷やしました。その1年前に、足を捻挫したとき、整形の先生が、「まず、アイシング!」と、いわれたので、アイシン...
  • 『どん底』 ベリャコーヴィッチの異世界
    2012.6.15 名演例会『どん底』劇団東演 演出・美術 V.ベリャコーヴィッチ(公演パンフレット表紙より)ベリャコーヴィッチ率いるロシアの劇団ユーゴザパトの『ハムレット』を観たのは、パンフレットの記事からたどると、1990年頃のようだ。名演の例会ではなかったが、「怒りのハムレット」というキャッチコピーに惹かれて観にいった。ロシア語の台詞はむろんわからなくて、ただただ、やりきれない怒りと叫びと悲嘆...
  • 目をつむれば、古代ギリシャの青い空のもとに・・・
    古代ギリシャの円形劇場。初めてその写真を見たときの、心が吸いこまれていくような恍惚感。それがいつのことだったかは覚えていない。円形劇場の遺跡は、イタリアやトルコにまでおよんでいる。ローマの円形劇場へだけは行く機会があった。が、古代ギリシャの神への捧げものとして上演された頃のものよりは、年代があたらしく、上演されるものも娯楽的であったという。地下にも構造があり、そこに奴隷を待機させておいて、ライオン...
  • 初日の痛いハプニング
    2011年 6月8日 1鞍め森林公園 乗馬施設 「森のアカデミー乗馬教室」全8回(そのうちの1回め)クレインの乗馬体験では乗るだけだったのが、こちらでは、30分の講義のあと、馬の手入れと馬装からはじまったのでした。それが前回書いたような、「裏掘り」という蹄の裏の土掻きだったり、ブラッシングだったりするわけです。驚いたのは、鞍の重さ。ほとんど持てないくらいに重かった。最初はインストラクターが、やりか...
  • ええい、何がロマンチックじゃ! どこが貴族の優雅な遊びじゃい!
    想像するのと、実際とはおお違い。蹄鉄のついた重い馬の脚をひっくり返し、テッピでひづめの裏の、うんちとも、土ともつかぬ茶色いものを、掘り掘り・・・掘り掘り・・・。これって、下男の仕事じゃなくて? ねえ、婆や。と、あたりを見回しても、下男も婆やも見あたらない。かわりにインストラクターが、にこやかに、「はい、次は、体ぜんたいにブラッシング!」巨人の口髭のような、ゴワゴワのブラシを、わたしに差しだすのでし...
  • 乗馬への憧れ(2)
    映画での乗馬シーンで、印象的だったのは、これひとつ。といっていいほど、ロミー・シュナイダーの姿が素敵で・・・。ヴィスコンティの『ルートヴィヒ』(パンフレット表紙)これは、復元完全版で上映されたときのパンフレット。(1989年発行)(制作は1972年 伊、仏、独 合作)4時間の上映で、途中休憩がはいりました。途中休憩がはいったのは初めての経験でした。この映画でまず思いうかべるのは、ラストのルートヴィ...

プロフィール

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?