• 彫塑作品 4
    2013年7月~12月にかけて作った作品です。   これも型どりはしていない。保存してあった写真を見て、あ、こんなのも作ったんだ、と思った。完成までにはもうすこし手をいれないといけない。ポーズはムーヴィングからではなく、モデルがとった静止ポーズから多数決で採用されたものだ。頭像を作れば型どりができる可能性がすこしはあるが、うつむいた顔が採用されるときがあまりに多い。うつむいて目をふせていると、頭像...
  • 彫塑作品 3
    1月から6月までのあいだに教室でつくっていた彫塑作品です。     このところモデルのポーズ決めは、ムーヴィングといってモデルが動いていくなかで、ストップをかけて静止したものを採用している。ストップをかけるのは先生、決めるのも先生。以前はモデルがいくつかポーズをとったなかで、多数決で決めていた。ムーヴィングからのポーズ決めになってからは、動いていくなかの一瞬のうつくしさを止めるので、あまり見たこと...
  • セラミックパークMINO
    岐阜県多治見市にあるセラミックパークMINOで多治見市美術展があったので、出品しました。ピンク大理石のような仕上がりにしたかったのですが、付け焼き刃ではそんな色がだせるわけがありませんで。でも、割りだしのとき、耳も頭もとれてこんなふうになったことを思うと、↓自分でも、よく修復したなあと思うのです。頭は落ちたのを何とか嵌めたのですが、両耳は作りなおしたわけでした。わたしの作品の両側は招待作品。画面右側の...
  • 彫塑:頭像
    去年の後半、彫塑教室でこんなのを作りました。そして、今年1月、型取りをすることにしました。型取りは、10数年ぶり。ずっと全身像を作ってきたので、頭像の型取りとなると、はじめて彫塑を作ったとき以来、28年ぶりです。切金をいれます。石膏を塗っていきます。全体を石膏で塗りかためたところ。(むかし、全身像をこの状態で持ったとたんに、ひどいぎっくり腰になり、以来腰痛持ちです)切金をいれたところが窓です。窓を...
  • 2011年6月 彫塑作品
    週1回、教室に通い、彫刻をしています。油土で制作し、型をとる彫塑という方法です。今までに、石膏、FRP(合成樹脂)、乾漆などの作品を作ってきました。作品の種類によっては、石膏はこまかいところが潰れたり、ひびがはいったりで、再現性に適しているとはいえません。一方、FRPや乾漆は、石膏にくらべて、こまかいところまできれいに再現できます。けれど、その2種類の素材に強いアレルギー症状がでて、ここ10数年は型をと...

プロフィール

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?