• 200鞍め:マチカネレツジツ; 馬ごとの騎乗数まとめ
    2011年6月8日に、乗馬を始めて8年7か月。ようやく200鞍に届いた。1週間に1回乗っている人の倍の時間がかかったことになる。レッツ(マチカネレツジツ) と、もみじとどっちに多く乗ったかしら。以前調べたときはレッツだったけれど・・・。[2011年〜2013年]1:レッツ 31鞍2:ゆず 21鞍3:バイオレット  9鞍4:ビーズニーズ 6鞍5:マイネルモンスター 5鞍6:もみじ 6鞍7:ライラック 1鞍7...
  • 199鞍め:ライラック 小刻み走り
    12月25日 199鞍めライラック(ラック) K先生7月に木曽馬に乗って以来、5か月ぶりの騎乗は、ラック。ずいぶん前に1度乗ったことがある。あまりに小刻みの走りなので、速歩で乗るのが難しい馬だ。5か月ぶりでいきなりラック、ということで、跳馬索。(この日は最後までずっと跳馬索だったが、合図はわたしが出していた)先生にもみさんの様子を伺いながら、常歩。もみさんは調子が良くなく、9月29日以来、お仕事をしてい...
  • 198鞍め:福泉(木曽馬)/ 探勝園、ドイツトウヒの森
    7月21日 木曽馬乗馬センター乗った馬は、福泉。29歳。ゼッケンの上に鞍をつけただけという記憶。木曽馬は蹄鉄をしていない。装着されているあいだ、福泉ちゃんは1本の枯れ草をくわえていた。これを、木枯らし紋次郎と呼んでいるが、わかる人にはわかるよね。鞍はアメリカン? 憧れの屋内馬場。日焼けの心配がない。ふだんの馬場の、大きいほうの場所の2倍ほどの面積がある。こんなに広いところを走ったことがない。同行の...
  • 197鞍め:マチカネレツジツ 短鞭
    なぜか時間がたつのがはやい。が、なぜか、は、わかっている。あの世の岸が見えてくると、こっちの時間が恥じらって消滅しはじめるのだ。もっとも、岸が見えてきたからといって、すぐにそこに到達できるとは限らない。だいいち、いつから見えはじめたかにしても、もう覚えてはいない。いくつかブログに書きたいことがあって、ああしんどいなあ、眠いなあと毎日をすごすうち、どんどん書きたいことが増えていく。そして増えたぶん、...
  • 196鞍め:もみじ 27歳
    7月3日 196鞍めもみじ O先生ひさしぶりにO先生で緊張する。おそらく、いちばん厳しい先生だと思う。常歩や速歩が出なかったりすると、他の先生はたぶん追い鞭をしてくださるのだが、O先生は違う。わたしの渾身のキャクの合図が効くまで、「合図をやめると止まったままです」とか、「強い合図だけではダメです」とか、おっしゃって、手にお持ちの長い鞭を使われることはないのである。・・・さてと、今日は自治会の草取りが...

プロフィール

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?