FC2ブログ

落馬の後はふざけてみむ

生活
05 /30 2018
あらら、もう1週間以上もたってしまったのね、前回の記事から。
落馬の後どうなったかなあ、と楽しみにしていたあなた、ごめんなさい。いちおう、身体のほうはほぼ大丈夫なの。ただ、2日前、封筒のシールを左の親指で剥がしたときに、親指の関節が痛くなってしまい、きのうは関節が少し腫れていたの。両指の全体の関節がやや痛いんだけれど、これは落馬のとき、最後まで手綱を離さなかったせいなのか、それとも擬似リウマチなのか、たんに歳なのか、よくわからないの。

この1週間、何をやっていたかって? 実家にも帰らず。ううう、わたしの頭は短歌のことでいっぱいだったの。読むのも詠むのも、文語文法も。ううううう、けり、ける、けれ。

そういえば、穂村弘の象のうんこの歌があって、これ、ふざけてるの? という人がいるけれど、わたし、ふざけるのって、悪いことだとは思わない。
とってもおもしろいと思う。ふざけてみたいけれど、ふざけることができないのが普通だから、ふざけたような歌が詠めるのはうらやましい。ふざけていない、真面目な歌です、と批評はされるけれど、本当かな、と思う。本当はふざけてるんじゃないの。ふざけるのって、そんなに悪いことなの? どうして批評って、「ふざけ」を「ふざけ」じゃないよ、と言いたがるのかなあ。いいとこ、「諧謔」って、言われたりしてね。ふざけと怯えって、表裏一体かもしれないから、いいんじゃないの、ふざけても。

さてと、うちは今、薔薇の真っ盛り。全部がいっせいに咲くのじゃなくて、次つぎにその薔薇のピークが来るから、常に薔薇が咲いている状態。天国のような状態とまではいかないな。だって、虫食いかなんかで花の形がいびつだったりするし。薔薇がこんもり溢れる庭にはほど遠いし。
fullsizeoutput_c33_convert_20180530222934.jpeg 
↑オリンパスのミラーレスで撮ったガブリエル。

P5281635_convert_20180530223008.jpg 
↑キャノンのミラーレスで撮ったガブリエル。画素数は新しいキャノンのほうが多いけれど、オリンパスのほうが青みがあって、情緒的な雰囲気がある。わたしはオリンパスの色調が好き。

fullsizeoutput_c39_convert_20180530223238.jpeg 
ジェネラシオン・ジャルダン。この花、去年まではショボかったけれど、今年は大輪で、持ちもいい。

fullsizeoutput_c3a_convert_20180530223309.jpeg 
レジス・マルコン。後ろは紫陽花。狭い庭だから、みーんな鉢植えなんです。

fullsizeoutput_c41_convert_20180530231913.jpeg 
サンちゃんも元気です。



コメント

非公開コメント

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?