FC2ブログ

守山スマートインターチェンジ;母;花

生活
04 /15 2018
3月24日、ようやく守山スマートインターチェンジが開通した。3年遅れだ。3年前に開通していたら、実家へ帰るのがもっと楽だった。
fullsizeoutput_b57.jpeg IMG_2886.jpg 3月28日なので、ソメイヨシノが咲いている。
fullsizeoutput_b56.jpeg 
行きも帰りも、ゲートで係の人が「一旦停止! ですよ」と、指示していた。
(4月13日も行ったが、係の人はいなかった)

3月28日は年度末のせいか、帰りに東海北陸道と一宮IC付近で1時間くらい渋滞。
4月13日は行きに事故渋滞で30分。
渋滞さえ抜けてしまえば、あとはとても楽だ。(が、やはり1時間渋滞は疲れる)

今までは、春日井ICでおりたとき、一挙に3車線をまたいで右折レーンまで行かなくてはならず、車の多い国道19号で、ほぼそれは無理だった。19号を走り続けて大きく迂回するか、または、すれ違いに苦労するほどの狭い道をくねくねと迂回するしかなかったのだ。

わたしが運転するわけではないのだけれど、ハラハラするような道を行くのは同乗していても疲れる。感謝。生きているうちに運転手を拝んでおこう。

今、母はひとりで住んでいる。介護が必要な状態ではない。いや、それどころか、見た目がやはり若いし、記憶力もいい。父が倒れたときから始めた数独はいまも続いていて、ほかの数字のパズルも解いてしまう。理系女子なのだ、というのは、つい3年前に知った。

3年前、電話で漢字のことで揉めたとき、母は「わたしは国語が嫌いなんや。数学の方が得意やったんや」といったのだ。びっくりした。母は習字が得意だから、てっきり国語が好きだったと、わたしは勝手に思っていた。しかし、なるほど、と思った。弟は理系だったから。

ところで魔女叔母は、母の頭の体操になる手作業を次つぎに持ちこんでくれる。今や家の中は母が作った紙人形、刺繍の箱などがずらずらと並んでおり、母自身も自分で編んだ素敵な色のアームカバーをつけていたりする。

母が倒れる前にわたしが倒れないよう気をつけなくては。
彫塑をやめて2年。手で作ることは何もせず、家に引きこもり状態になった。
まあ、それなりに、やることはあるのだけれど。


市民公園。
IMG_2957.jpg 
IMG_2969.jpg 
森林公園。
fullsizeoutput_b52.jpeg 
まだ満開ではないが、芳香が強い。鼻がかゆかゆ。

今日の写真は、ブログの画像縮小機能を使わないで入れてみた。じつは画像縮小をするのをうっかり忘れたのだ。アップロードに時間はかかるけれど、鮮明な写真になった。(アイフォン6Sで撮影)
明日は15年目の家の点検。家の中、片付けなくちゃ。買い物にも行かなくちゃ。くちゃ。

コメント

非公開コメント

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?