FC2ブログ

春風亭小朝;サンタと美青年エンデュミオン

11月26日、多治見へ落語を聴きに行った。
IMG_2508_convert_20171205204102.jpg 
(多治見バロー文化ホール)

東海勤労者互助会で、今年も落語のチケットが抽選でもらえたのだ。

fullsizeoutput_865_convert_20171205204634.jpeg

「落語を楽しむ」春風亭小朝

三遊亭好也 「牛褒め」
春風亭小朝 「平家物語 扇の的の段」
(休憩)
柳貴家雪之介 太神楽 曲芸
春風亭小朝 創作現代物

夫が落語愛好家なので、前座の三遊亭好也の演目は「牛褒めね」と教えてくれた。
はい、わたしもテレビで観たことがあります。題名も、聞き覚えがあります。

太神楽の曲芸は、順番に盛っていった飾りを、最後、2本の出刃包丁の刃先を上下に合わせて支えるところが凄い。地震がきたら、どうするんだろう。刃が真っ逆さまにお顔に落ちますよ。

で、小朝ですが。
「平家物語」も創作現代物も、下ネタの中に本題があるのでは、と思えるほど、下ネタ続きで。
笑ったけれど、わたしは以前に観た林家三平に、笑いすぎて涙がでるという初めての経験をしたので、やはりそっちの印象のほうが強いのです。

小朝なら、本格的な古典落語を聴きたかった、と残念でなりませぬ。
だって、凄かったですよ、「平家物語」のちょっとだけ本来の筋に戻っての噺は。
凄まじくうまい。もっとその部分が聴きたかった。

fullsizeoutput_860_convert_20171205203735.jpeg

この薔薇はエンデュミオン。ギリシャ神話に出てくる美青年。
手にとって、ああ綺麗だと言ってくれるでしょうか。それとも・・・。
覚えています、あの日のこと。サンタの素敵な口づ〜け。

fullsizeoutput_858_convert_20171205203929.jpeg

あれはサグラダファミリアの鐘の音?
いいえ、サグラダジュンコのマネモネ声。

なんのことやら。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

風のミランダ

Author:風のミランダ
興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック
RSSリンクの表示
カウンター