台風一過と薔薇たち

生活
08 /08 2017
IMG_2197_convert_20170806213221.jpg
7月29日、夕方の散歩でセミの抜け殻を見つけた。
家へ帰ると、玄関先のシマトネリコの木にアブラゼミがとまって鳴いていた。庭の木にセミがとまるのは、めずらしい。

8月7日、台風が直撃しそうなので、11鉢ある薔薇のうち4鉢を家の中にいれた。
あとは支柱に枝をくくりつけ、風の強くなさそうなところへ鉢を移動した。

ひとり暮らしの母から電話があり、携帯に避難しろとの知らせがはいったとのこと。避難しろといわれも、小学校まで行く足がない。すぐ近くのちいさな公民館は1階建てなので、それなら家の2階にいるほうが安全だ。

今のうちに、わたしの家へ避難に来たらどうかとすすめたが、ひとりでいるとのこと。
わたしも、風邪をひいたようで、寒気と吐き気と眠気で起きていられない。2時間ほど昼寝をした。ひとり暮らしになったら、こんなふうに体調の悪いときは、不安になるだろうな、と思いつつ寝た。

fullsizeoutput_60a_convert_20170808154944.jpeg 

8月8日、台風の進路がややそれたので、薔薇に被害はなかった。嵐のなかでも持ちこたえた花がすごい。これはレジスマルコン。

fullsizeoutput_60b_convert_20170808155032.jpeg

ローズ・ドゥ・グランヴィル。さすがサンタの花。丈夫が取り柄。

fullsizeoutput_609_convert_20170808155117.jpeg 

エデュアール・マネ。

家にいれた4鉢は、摘蕾しているので、今、花はない。

台風一過。ひさしぶりに午前中は風がすずしかった。
台風一家、と子供の頃は思っていた。台風一家は台風のような勢いで、家族揃ってどこへ行くのだろう、というようなことを思っていたような気がする。

じめじめして汗がひかない。






コメント

非公開コメント

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?