悲観、楽観に傾かず、水平飛行でまいります。上空、笑い、いささか寒うございます。お乗りのかたは、マフラー、手袋をお忘れなく。
きのう、午後からの乗馬の予約をしていた。午前中はずっと雨だった。
1時間前に中止の連絡があった。けれど、ぎりぎりになって雨がやめば、騎乗できる。
雨雲のレーダーを見て、ちょうど乗る頃にはやむかな、と思った。で、厚化粧をして騎乗用の服を着てでかけた。が、ちょうど馬場に着いたときには、傘がいるほどの雨になっていた。

残念。
(あ、残念って、念が残るって書くのか。怖)

以下は1週間前の騎乗のこと。
6月17日 161鞍め
もみじ  B先生

暑い日だった。
ハミをつける前に、手をパクッと噛まれた。何かが気にいらなかったようだ。(後ろ足の裏掘りのとき、足をあげたがらないもみさんの足を長くあげさせたからかな。そのときは怒ったようにカン、と蹴りがでたけど)

手の全体を、パクッと噛まれた、といっても、本気ではない噛みかただったので、まったく怪我はなし。
でも、この施設で口カゴのいる3大噛みつき馬のひとりがもみさんだ。用心しなくっちゃ。

さてと、
騎乗については、
巻き乗りが、その前のときよりうまくいかなかったのを覚えている。

同じもみさんだったけど、その日によって調子が違うのだろう。暑くて不機嫌になる馬と、まったく関係なく、ぽわん、としている馬とがいるそうだ。もみさんは不機嫌のほうね。
けれど、調子が悪いのはわたしのほうだったかも。

足の位置がぶれるのを何度も注意された。キャクがよく効く位置があるそうで、それがうまくつかめない。前すぎたり、後ろすぎたりしてしまう。

だいたい、わたしはこの騎乗後、家の廊下でまたも同じ左足の小指を壁の角にぶつけたのだ。ふつうの生活をしていても、足の位置がよくわからなくて壁にぶつけるんだから、走っている馬に乗っているときの足の位置なんてまったく、そんなもの、意識を向けていたって、よくわからないのだ。

軽速歩では、
立ちすぎて、踵をあげてしまう、ということが起こる、らしい。
踵をあげずに立つのは、立つうちにはいらない気がして、一所懸命立とうとしてしまうのだ。一所懸命はよくないなあ。ちょっと不真面目なくらいがちょうどいいのかも、何事も。

この日は、ともかく、駈歩の練習。
何度も、何度も。
止まってしまうのはなぜか。もみさんが、怒って蹴ったのか、つまずいただけなのかを、そのつど考える。
駈歩の練習は楽しい。身体も楽だ。乗って、乗って、姿勢がどうなっているか、考える。
考えるけど、考えすぎないで、乗る。もみさんの駈歩は、合図があいまいでもだしてくれるから、楽しい。

あ、文章を読み直してみて気がついた。訂正。わたしが考える前に、先生に指摘されていた。指摘されて、考えて、乗る。その順番でした。自分で全部わかるようになれば、うまくなったといえるんだろうな。

P6170733_convert_20170618215921.jpg 
お手入れのときは、不機嫌だったけど、走っているときは、そう不機嫌でもなかった、もみさん、ありがとう。
ハミの上から無口頭絡をつけて、引き馬の待機中。

P6170735_convert_20170618220006.jpg 
気前よく引き馬にでていくもみさん。

fullsizeoutput_5f1_convert_20170618220050.jpeg 

fullsizeoutput_5f2_convert_20170618220149.jpeg

ちいさな男の子がお客さん。もみさん、お仕事、ご苦労さまです。
もみさんはポニーのぶーちゃんが好きなので、ちいさな人間の男の子を乗せるのも喜んでいるのかもしれない。







[2017/06/26 21:45] | 乗馬
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: