悲観、楽観に傾かず、水平飛行でまいります。上空、笑い、いささか寒うございます。お乗りのかたは、マフラー、手袋をお忘れなく。
fullsizeoutput_4f4_convert_20170322211013.jpeg

もし1日だけ別の人になれるなら、わたしは椎名林檎になりたい。
自由で特異の感覚を持ち、ミステリアスでセクシー。
あの感覚のなかに漂いながら歌ってみたい。

とはいうものの、椎名林檎の歌を何か歌えといわれたら、ほとんど知っている曲がなくて歌えないけれど。

その大好きな椎名林檎の曲が最後に流れていたドラマ『カルテット』
昨日は感想を書こうとして、つい他のふたつのドラマのことを書いてしまった。あれを書かないと、書けなかった、というわけではないけれど。

それにしても、『プリンセスメゾン』では、不動産会社に勤める生真面目で静かな役だった高橋一生が、一転して『カルテット』では、最初はものすごく悪い男、薄っぺらい浮気性男、こだわりが強すぎて鬱陶しい男、という個性的な役で出現したのには驚いた。それがとても自然だったのも。

ミステリー仕立てでおしゃれで、不思議な雰囲気をまとっていた『カルテット』は、
個性的な4人のそれぞれの背景や生い立ちがあかされていくと、その人が意外にも普通であることがわかってくる。おしゃれな謎に隠されていたのは、共感できる重厚なリアリティだったのだ。
4人の関係が少しずつ良いほうへ変化していったのも、心がなごんだ。

いいなあ、カルテット。3流だって? 関係ないさ。弦楽器をとおして熱い時間を共有できるじゃないか。ひとりぼっちで苦しみ、先が見えない、ということがあっても、苦しむことで成熟してきた己の芸術を、その生を、共有できるんだ。

むろん、カルテットを組むが故の苦しみだってわからないわけじゃないけど。

いいなあ、カルテット。

・・・と、まあ、終始そんなふうな憧れをもって観ていたのだった。

人が、人を受けいれる、共有する、それは本当に素敵なことだ。人間存在そのもののなんというセクシーさ。(昨日は不条理って書いたけどね)

さて、最終回、第2バイオリンさんの最後の決め台詞は、
「夢はかならず叶うわけじゃない。長くやっていれば叶うものではないし、諦めず続けたからって、叶うわけでもない。でも、夢を持ったこと自体は、損なことではなかった」

たしかに、プロの演奏家になりたい、という夢は、そうたやすく叶うものではない。たやすくない夢を持ってしまい、それが叶わなかったとき、人は溢れんばかりの愛が、すでにそこにあることに気づく。

カルテットのメンバーの、成就することのない片思いと夢は、成就することよりもあるいは貴重な、浮遊する時間のことに気づかせてもくれる。
物語のなかで永遠に浮遊するメンバーたち、それはつまりわたしたちの、叶わずともなお共有の夢を見つづけ浮遊する甘い時間の酔いそのものなのだろう。

そう、これ以後おしゃれなカルテットは、わたしたちの記憶のあの街で、楽しく演奏し続ける。なんという記憶の豊かさだ。




[2017/03/23 20:30] | 未分類
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: