悲観、楽観に傾かず、水平飛行でまいります。上空、笑い、いささか寒うございます。お乗りのかたは、マフラー、手袋をお忘れなく。
前回の記事で、「猪が出た」と書いたけれど、猪豚かもしれない。
今日、ある会報を見ていたら、三河の田舎には猪や猪豚が出るとあった。「猪が出た」南公園は尾張だが、三河に近い。

Wikiによれば、猪豚は猪と豚の交配種で、猪の旺盛な食欲と、豚の人を恐れない性質を持っているとある。

どうりで、すこし離れた木陰で人が、「イノシシだ、イノシシがいる」と話していても、何食わぬ顔で草むらに鼻をつっこんで、何か食うのに熱中していたわけだ。

fullsizeoutput_4f1_convert_20170317181516.jpeg 
↑ 前回の写真を拡大したもの

そう思って見てみると、獰猛な猪よりは愛嬌がある気がする。が、猪も猪豚も、見かけはあまり違わないと書かれている。

目の悪いわたしには、やはり熊にも見える。ただし、熊とは足の太さが違う。それくらいは、わたしにもわかる。

昔、岐阜の山村にある家の庭で、猪を飼っているのを見たことがある。もうすこし色が茶色で剛毛だった気がする。

猪は年に1回の繁殖だが、猪豚はもっと回数が多いそうだ。福島第1原発付近では、家畜だった豚と野生の猪が交配し、猪豚が増えて問題になっているらしい。

ところで、味はどうなのか。猪豚は豚より低脂肪でヘルシーなんだそうだ。三河の山中で迷ったら、猪豚でも殴って飢えをしのごう。
え?・・・あれ? どうして男っぽい文章になっちゃうんだろう。

IMG_1474_convert_20170315210303.jpg 
↑ 細い足の猪豚? くん。

うちの庭。
IMG_1439_convert_20170314220415.jpg 
クリスマスローズ
IMG_1440_convert_20170314220444.jpg 
右の、後ろを向いている花が、上の写真。こっちを向いている花より豪華だ。
この苗は去年買った。たしか、3年経たないと開花しないと説明書にあったが、1年もしないうちに開花した。
まだ葉っぱもちいさいのに。

IMG_1441_convert_20170314220536.jpg 
一方、↑ これは赤紫のクリスマスローズを移植したもの。葉っぱばかり立派で、今年はじめて開花しなかった。

IMG_1442_convert_20170314220622.jpg 

うちの薔薇で、今いちばん葉っぱがたくさん出ているのが、新入りのカインダブルー。

fullsizeoutput_4e8_convert_20170317185224.jpeg 

他の薔薇はまだこんな様子だ。

IMG_1532_convert_20170317181104.jpg 

気の早いチューリップが咲きはじめた。肥料不足なのか、茎が短い。
首を長くして春を待っていたんじゃなかったのか。
春のはじめは、陽射しばかりあかるくて、風が冷たい。



[2017/03/17 20:40] | 散歩・旅(近場)
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: