悲観、楽観に傾かず、水平飛行でまいります。上空、笑い、いささか寒うございます。お乗りのかたは、マフラー、手袋をお忘れなく。
南公園に猪がいた。
「あ、猪だ」というので、檻に入れられているのかと思ったら、違うのだった。

まずはもったいぶって、南公園の景色から。

IMG_1452_convert_20170315205727.jpg 

遠くに名古屋駅の超高層ビル群が見える。

IMG_1459_convert_20170315205832.jpg 

小高い山の上。

IMG_1464_convert_20170315210015.jpg 

山の林をおりた場所。(山の中腹あたりか)

IMG_1467_convert_20170315210208.jpg 

サンタ「何か豚肉のおいしい匂いがしますよ」
いえいえ、サンタはまったく気がついていませんでしたよ。

IMG_1474_convert_20170315210303.jpg 

ほら、猪。

IMG_1479_convert_20170315210349.jpg 

猪。そのへんにいた人たちが、猪だといわなければ、熊と思ったかもしれない。
20メートルか30メートルくらい離れていた。iPhoneでいちばん拡大して撮って、この大きさ。

危ないので近づかず、駐車場へ戻っていく途中で、3人の警官が猪のほうへ歩いていった。
ふたりの男性警官と女性警官、3人とも手ぶらだったので、捕獲しようとする意図はないようだった。

犬の散歩の人たちが何人かいた。猪を見に行こう、という人がいたり、いや、危ないからやめよう、といいあったり。

IMG_1484_convert_20170315212157.jpg 

駐車場にあったパトカー。

自転車の女の子が、「猪見ましたか」というので、写真を見せてあげた。
「うわっ、近い」と、ひとりの子がいい、もうひとりが、
「さっき、自転車の男の子が、チリンチリンと鳴らしたら、猪が追っかけてきそうになったの」
と、いった。

車に乗ってから、夫がいった。
「うまそうな猪だった。今夜は豚を食べたい」
わたし「こま切れしかないから、キャベツと味噌炒めかな」
夫「それでいい」

けれど、今日も風が強くて寒いので、けっきょく豚汁にした。
猪はまだ食べたことがない。



[2017/03/15 22:00] |
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: