悲観、楽観に傾かず、水平飛行でまいります。上空、笑い、いささか寒うございます。お乗りのかたは、マフラー、手袋をお忘れなく。
仁和寺の雪だるまは、さすが、頭が松ぼっくりの仏像である。
fullsizeoutput_427_convert_20170130135256.jpeg

P1220333_convert_20170130135138.jpg 

fullsizeoutput_42f_convert_20170130135213.jpeg

fullsizeoutput_42d_convert_20170130135346.jpeg

P1220346_convert_20170130135524.jpg 

fullsizeoutput_430_convert_20170130134941.jpeg

fullsizeoutput_428_convert_20170130134843.jpeg
閼伽棚(あかだな)。 ああ、これが閼伽棚なんだ、と思った。
閼伽棚、ということばが、とてもなつかしい。といっても、高校の古文で習ったことば、というにすぎない。わたしを知る人は意外に思うかもしれないが、古文はそれほど好きではなかった。漢文が好きだった。ただ、和歌は好きだし、他にも染みついてしまった好みの文章がある。それもどんどん忘れていきそうな気配だけれど。

fullsizeoutput_429_convert_20170130135044.jpeg
閼伽棚。これが閼伽棚。まるで何百年も前のわたしの記憶から、浮かびあがってきたことばのように思える。閼伽棚。

京都からの帰りはいつも渋滞する。最近は京都へ車で行くことがなかったので、ひさしぶりに渋滞をあじわった。
IMG_1276_convert_20170130135631.jpg 
午後6時20分頃、ようやく名古屋に戻った。栄のオアシス21。

fullsizeoutput_3e6_convert_20170130135903.jpeg 
歌舞練場の売店で初春詰め合わせ袋を買った。その中身。
単独で選ぶなら、絶対買わないのが、松露。
これを見た甘党の夫が、松露は好きではない、といった。いいですよ、母と魔女叔母にあげるから。

fullsizeoutput_3e5_convert_20170130135718.jpeg
左、塩昆布に見えるが、椎茸。右、大徳寺納豆。このふたつは、大徳寺の近くで買った。
大徳寺納豆が有名だということを知らなかった。
fullsizeoutput_434_convert_20170130135830.jpeg
これが↑大徳寺納豆。
愛知県人であるゆえに思う。これ、豆味噌だね。つまり、味噌煮込みうどんなどに使う赤味噌。
材料が同じだからね。
あまり出回らないが、豆味噌の高級なのは、こんなふうな粒が混じっていた。いちだんと香りがいいのである。

京都旅行の記事はこれで終わりです。おつきあいくださり、ありがとうございました。



[2017/01/30 15:30] |
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: