京都観劇ツアー:3 先斗町の歌舞練場へ

01 /25 2017
fullsizeoutput_3fb_convert_20170125141442.jpeg
南座。
毎年、前進座の1月公演は南座だが、耐震工事中ということで、今年は先斗町の歌舞練場が会場である。

P1210220_convert_20170125141550.jpg 
先斗町。
一昨年の秋に、恒例の囲碁部の旅行で、夜、ここのどこかのお店にはいった。名前を覚えていないし、連れて行ってもらったので、場所も覚えていない。
fullsizeoutput_402_convert_20170125141634.jpeg 
それでも、Mさんとわたしの記憶を合わせれば、その店が見つかるんじゃないかと思い、ふたり、きょろきょろしながら歩いたが、見つからなかった。
見つからないのは楽しい。萩原朔太郎の猫町みたいで。

fullsizeoutput_3e9_convert_20170125141849.jpeg 

fullsizeoutput_3f5_convert_20170125141803.jpeg

fullsizeoutput_3e8_convert_20170125141958.jpeg 
雪月花源氏旗挙ー牛若丸(みつもようげんじのはたあげ)
人情噺 文七元結(ぶんしちもっとい)

fullsizeoutput_3fe_convert_20170125141925.jpeg 

IMG_1261_convert_20170125141714.jpg 
先斗町の通りにあったのと同じ提灯が会場にも飾られている。
わたしの席はすぐ左が花道だった。
小さな会場、これはこれで味わい深い。親近感がわく。

今日はこれから名演の例会。そろそろ出かけなくてはいけないので、中途半端だけれど、次回へ。
(つづく)



コメント

非公開コメント

風のミランダ

興味の対象は演劇、映画、文学です。趣味は彫刻、写仏、乗馬など。何十年も生きてきて、話題盛りだくさん、といきたいところですが、あんがい狭い?