悲観、楽観に傾かず、水平飛行でまいります。上空、笑い、いささか寒うございます。お乗りのかたは、マフラー、手袋をお忘れなく。
来年すぐに88歳になる母を連れての旅行である。母は歩くのに不自由ないとはいえ、ほとんど家にいて散歩の習慣もないので、どれだけ歩けるのか不安だった。

京都に着いたのが1時頃。
北野天満宮までバス、それからタクシーで晴明神社、二条城という順序にするつもりだった。
が、二条城は入場時間に制限があるので、いつでもはいれる神社は後にしようということになった。

二条城までは地下鉄である。
地下鉄の駅で降りてすぐではあるが、構内を歩くのはけっこう距離がある。
わたしたちにはたいした距離ではないが、バス旅行で降りればそこが目的地というのに慣れている母には、とんでもなく遠く感じられるかもしれない。

歩きながらふと母の靴を見ると、かかとのところが指1本分空いている。なんということだ。
こんなブカブカの靴じゃわたしだって歩けないよ。

魔女叔母「でかけるとき、おかあさん、長靴履いて行こうとしたんよ。なんね、あんた、そんなもん履いて。こっちにし、いうて、この靴にしたん」

ふうん、とそのときは思った。が、以前、母はわたしと一緒に靴を買いに行き、足にぴったりの靴を探してあげたのだ。その靴はどうしたんだろう。

(旅行の翌日、実家に行ってその靴を見つけた。母に聞くと、その靴はぴったりなので、厚手の靴下を履くときついのだという。ちなみに母の足のサイズは21センチくらい。苦労の多いサイズだ)

fullsizeoutput_2bd_convert_20161209215030.jpeg
二条城。わたしは2回め。母は京都は清水寺へ行ったことしか覚えていないという。
fullsizeoutput_2be_convert_20161209215252.jpeg 

fullsizeoutput_2c8_convert_20161209215358.jpeg 

PC079942_convert_20161209214557.jpg 

fullsizeoutput_2c5_convert_20161211115827.jpeg 
左が母、右が魔女叔母。叔母は赤いストールに赤いバッグでよく目立ち、母はおでこが目立って、待ち合わせで探すのに苦労しない。

(つづく)

[2016/12/11 12:20] |
トラックバック:(0) |


かやのたも
私の母の足のサイズは25cm!
24.5cmはたくさんあるけど、25cmの靴は非常に少ないです。

苦労しますね。

Re: 靴
風のミランダ
かやのたもさん、こんばんは。コメントありがとうございます。v-254

なんでも、サイズは普通がいいですね。選択の幅が広いから。
わたしが服を作るのも、サイズがない! と、腹を立てたからでした。



コメント:を閉じる▲
コメント:
この記事へのコメント:
私の母の足のサイズは25cm!
24.5cmはたくさんあるけど、25cmの靴は非常に少ないです。

苦労しますね。
2016/12/12(Mon) 21:06 | URL  | かやのたも #-[ 編集]
Re: 靴
かやのたもさん、こんばんは。コメントありがとうございます。v-254

なんでも、サイズは普通がいいですね。選択の幅が広いから。
わたしが服を作るのも、サイズがない! と、腹を立てたからでした。

2016/12/12(Mon) 21:32 | URL  | 風のミランダ #-[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: