悲観、楽観に傾かず、水平飛行でまいります。上空、笑い、いささか寒うございます。お乗りのかたは、マフラー、手袋をお忘れなく。
みかんも林檎も胃にしみる、というなさけない状態がつづいた。
注文配達のみかんが消費されないままどんどん増えていき、魔女叔母にもらった家庭菜園のみかんがしなびかけている。

ふだんは1度にふたつ三つみかんを食べる夫もなぜか手をつけない。
みかん食べてね、といった2日後、買ったみかんがごっそり減って、魔女叔母のみかんはあいかわらずザルにあった。魔女叔母のみかんは買ったものより、すこし酸っぱいのだ。
みかんよ、みかん、待ってておくれ。薬が手放せたら、食べるから。

みかんが胃にしみるのは意外ではないが、林檎がしみるのにはまいった。
完熟ならしみないかもしれないけど。

冷たいのもよくない。で、切った林檎をフォークに刺して、ガスコンロの火で炙ってみた。
皮の色が茶色っぽくなり、切り口からジュルジュルと汁が滴りいい匂いがしてくる。
数分炙っただけで、強い(と感じる)酸味が抜けて、いいぐあいに甘くて香ばしい。

むろん、胃にしみなかった。

焼き林檎がおいしいのは知っているけど、炙っただけでもいけるんだね。

忙しかったり体調がよくなかったりで、乗馬にもヨガにも行っていない。
で、家でちょっとヨガの簡単なのをやってみた。いや、簡単なのしか知らないので。

fullsizeoutput_29a_convert_20161204152647.jpeg 

ヨガマットを敷くと、案の定サンタがやってきた。
サンタ「ミ、ミ、ミランダさん、ひっさしぶりに、ヨガですね」

fullsizeoutput_29b_convert_20161204152744.jpeg 
腹ばいになって、うーんと両手をいっぱいに伸ばすと、あい向かいになったサンタも同じように両手を伸ばしてお尻を突きあげる。
サンタ「うーん、ミランダ、上手じょうず。猫のポーズ」

fullsizeoutput_29c_convert_20161204152826.jpeg 

サンタ「うん? なんで猫なんだ。ライオンのポーズというのもあるらしいが、犬のポーズはないのだろうか。みんな同じでみんないい、のに。
インドには犬がいないのか。ペルーなら、リャマのポーズが考案されたのだろうか・・・」

fullsizeoutput_29d_convert_20161204155311.jpeg 

サンタ「・・・と、むだに考えても、むだなだけだな」
ミランダ「そう、むだの考え、くつろぐに似たり。くつろぐサンタは瞬間飛び去る芸を持つ。これ、能ある鷹は爪を隠すに似たり」
サンタ「退けってことね。退きません。ヨガマットに簀巻きになっても退きませんから」

やれやれ、なんで犬って、マットや座布団が好きなんでしょうね。わたしも空飛ぶじゅうたんが好きだから、ひとのことはいえないけど。



[2016/12/04 16:20] |
トラックバック:(0) |
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: